完全叩き出しによる製法

只今製作中のガソリンタンクであります。 現在、弊社の場合ですと、ガソリンタンクに関しましては、ほぼ100%ワンオフ=手造りとなっておりまして、既成のカスタムパーツして売られておりますガソリンタンクを手配した記憶は、もう10年は無いのではないでしょうか。。。

鉄板の切り出しから始まるガソリンタンクの製作は、それはそれは大変手間の掛かる仕事ではありますが、カスタム全体のデザインを納得する事の出来るスタイルに仕上げる為には、もうこれ以外の方法は存在致しません。

今回はメインフレームからのタンクマウントの取り方も重視した設計にて作業を進めておりまして、一重にカスタム完成後の整備性を考慮した造り込みとなっております。

画像: 完全叩き出しによる製法

This article is a sponsored article by
''.