画像: V-RODカスタム

2016 VRSCDX

フルカスタムのベース車両として、2016 VRSCDXを先程、販売店さんより引き上げて来ました。走行距離:約¥3,000kmの極上車両でありまして、また外観上も非常に綺麗な1台です。V-RODがハーレーのラインナップから消えた影響からでしょうか、中古車市場においてV-RODの価格が上昇気味。タマ数も少なくなっているとの事でした。

トランスポーターから車両を下ろし、エンジンオイルの状態を確認した後、車両全体をチェックする為、久々にV-RODに跨りまして、いつものテストコースを一周して来ましたが、V-ROD特有のトルク感やエンジンの鼓動感はやはり非常に面白く、つくづく良いバイクであると言う実感を伴って、今こうしてPCに向かっている訳でありまして… そうですね、来年とは言いません。再来年あたりには復活を遂げ、ニューモデルのラインナップに加わる事を祈るばかりです。

画像1: 2016 VRSCDX
画像2: 2016 VRSCDX

This article is a sponsored article by
''.