画像: 横浜赤レンガ倉庫にて : 2018年モデル / デビューキャラバン

2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて

今年の初めの頃は、Softail フレームが全廃され、Dynaフレームに全て統一されるのでは無いかとの噂があった2018年モデルですが、既に皆さんもご存知の通り、新たしいエンジンを搭載する2018年モデルは全て Softail仕様となりました。合わせて、特にFAT BOBの様なかなりブッ飛んだデザインのモデルが登場したり、またFAT BOY伝統のラウンド型ヘッドライトに大幅なスタイルの変更があったり等々、とにかくネット上に流れていた2018年モデルの数々は、ハーレーには珍しくそれなりのインパクトを感じたていたものですから、たまたま住まいの近所での開催と云う事もあり、この日、実物の2018モデルを見に行って来ました。

Softail の1カテゴリーに『ローライダー』と命名したあたり… この唐突感とでも言いましょうか、とにかく時代がガラッと変わった感じがして、勇気あるハーレーの決断には、個人的に非常に好感を持った次第です。

エンジンも変わり、フレームの構造も変わりと、きっと更に良いオートバイになっている事でありましょう。

この数年、何かと苦戦が続くハーレー業界ですが、2018年モデルが起爆剤となってくれる事を、
新車の販売に関しては、全くの部外者の立場ですが、切に祈る次第です。。。

画像1: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像2: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像3: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像4: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像5: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像6: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像7: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像8: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像9: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像10: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像11: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像12: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像13: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像14: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像15: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像16: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像17: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像18: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像19: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像20: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像21: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像22: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて
画像23: 2017.9/2 横浜:赤レンガ倉庫にて

This article is a sponsored article by
''.