ライカM8... 2006年にリリースされたデジタルカメラ。それはライカにとって初となるデジタルカメラだ。ライカM8では、解像度を高めるためローパスフィルターが省かれており、これに伴い内蔵されている赤外線フィルターの効きが弱い。その為、マゼンダかぶりが発生しやすく、通常であればUV/IRフィルターの装着が必要となって来る。しかし、そこを逆手に取れば、常に赤外線がイメージセンサーに届いていると云う事であり... そんな訳で、ライカM8の場合、ボクの中では赤外線専用機的な位置づけで、いつも傍らに置いている。。。
画像: 2015.8/18... 大桟橋にて、横浜のカオス

2015.8/18 : 横浜のカオス。。。

日差しの強いこの時期こそ、赤外線写真を撮影するにはまさにうってつけの季節だ… そんな訳で、ローパスフィルターが省かれているライカM8を持ち出し、21mm大口径レンズにIRフィルター (赤外線のみを透過させる事の出来る特殊フィルター) を取り付け、横浜港:大桟橋へ。。。

肉眼では決して見る事の出来ない、赤外線にあぶり出された : 2015年8月18日の横浜のもう一つの顔を撮影してみた。

画像1: 2015.8/18 : 横浜のカオス。。。
画像2: 2015.8/18 : 横浜のカオス。。。
画像3: 2015.8/18 : 横浜のカオス。。。
画像4: 2015.8/18 : 横浜のカオス。。。
画像5: 2015.8/18 : 横浜のカオス。。。
画像: ライカM8 : IRフィルター装着

ライカM8 : IRフィルター装着

This article is a sponsored article by
''.