特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

ハーレー初となる水冷式V型エンジン.... その開発には、あのポルシェが深く関わっています。特にエンジンの要となるコンロッドの形状は、まさにポルシェそのもの。。。他のハーレーのエンジンとは明らかに異なるこの精密機械然とした緊張感も頷けます。特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は、なんと1/1000!!

更に、V-RODのエンジンをばらし、そして再度組付けの際に必要となるエンジン台を含めたV-ROD専用工具の数が半端では無く。。。それらの工具一式を揃えるだけ、現在のレートで換算を致しますと、おおよそ¥1,000,000近い金額が必要となるのでは無いでしょうか....

画像1: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

画像2: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

画像3: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

画像4: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

画像5: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

画像6: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

画像7: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

画像8: 特にバルブ周りのシム調整に求められる精度は.... 1/1000 !!

This article is a sponsored article by
''.