画像: 男が花を撮る場合… アルストロメリア編

可能であれば、16〜17歳の多感な頃の自分に戻り、撮影をする事が出来れば...

男性が花の写真を撮る場合、どんなシチュエーションであっても、
女性に相対する位の心持ちでファインダーの覗くのがベストかと…
そんな女性を想う気持ちでもって、花を見つめると、
こうこちらも段々と気持ちがのって来まして、
結果、中々にして艶やかだったり、明るかったり、時として寂しげだったりと、
そんな表情の花の写真を撮る事が出来る様な気が致します。。。

可能であれば、16〜17歳の多感な頃の自分に戻り、撮影をする事が出来れば、
きっと最高な1枚を残せるのでは無いかと、そう思う訳でありますが。。。

今回のアルストロメリア嬢。
中学生の時、意中の人であった彼女の事を想いだしました。
彼女は、小柄で、内気、、、でも、スポーツは万能でしたね。。。
今はどうしているのだろうか…

そんな事を思いながら、花に向かう。
楽しいですよね。

画像1: 可能であれば、16〜17歳の多感な頃の自分に戻り、撮影をする事が出来れば...

画像2: 可能であれば、16〜17歳の多感な頃の自分に戻り、撮影をする事が出来れば...

画像3: 可能であれば、16〜17歳の多感な頃の自分に戻り、撮影をする事が出来れば...

画像4: 可能であれば、16〜17歳の多感な頃の自分に戻り、撮影をする事が出来れば...

画像5: 可能であれば、16〜17歳の多感な頃の自分に戻り、撮影をする事が出来れば...

This article is a sponsored article by
''.