可視光と赤外の混在した世界

4月、5月と本業の方が非常に忙しくなりまして、
また更に、普段より愛用致しておりますMacのOSをアップグレードした所、
様々なアクシデントに見舞われまして、等々…

結果、ボクの場合、泣く泣くですが、OSをダウングレード致しまして、
一つ前の世代のOS : Mavericks 10.9.5に戻しました。
しかし、ダウングレード場合、それはすなわち『初期化』を意味する訳でありまして、
元の状態に戻す為には、実に多くの時間を割かなければなりませんでした。。。

そんな訳で、当ブログ、開設始まって以来の長期不投稿状態に陥りまして…

こう云った類いのモノは、一度手が止まりますと、やはり駄目ですね。
復活にあたり、様々な事がプレッシャーとなって来まして、
管理画面を開ける事すら、妙に億劫になって来たりも致しまして…

当面は、リハビリ的な投稿になる事が予想されますが、
どうか、引き続きまして、お付き合いを賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

とにかくブログの場合は、書き続ける事が何よりも肝心な訳でありまして、
あまり気負う事無く、むしろお気楽な感じで、続けさせて戴ければと思います。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
本日の写真は、今朝方撮影を致しました横浜中華街大通りの風景でありまして、
最近、密かにハマっております赤外線写真なるものであります。
中々にして、非現実的な世界が浮き彫りとなる訳でありまして…
赤外線写真専用の、現像の知識や技術をもっと修練する必要がありますが、
これはこれで、もっと深く掘り下げて行こうと思っております。。。
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

画像1: 可視光と赤外の混在した世界

画像2: 可視光と赤外の混在した世界

画像3: 可視光と赤外の混在した世界

画像4: 可視光と赤外の混在した世界

This article is a sponsored article by
''.