画像1: 横浜夜景撮影スポット:赤煉瓦倉庫

横浜夜景撮影の、まさに定番中の定番

今更、説明の必要は一切無し。
と、云った所の赤煉瓦倉庫でありますが、
正直、ボクはここの撮影が中々苦手でありまして…
苦手と云うよりは 「難しい」 と申し上げた方が正解かも。。。

撮影対象となる倉庫が大き過ぎるからでありましょうか?
とにかく、いつも構図に泣かされまして、
特に昼間の赤煉瓦倉庫ともなりますと、
こう、ビシっ!! と決まった写真を未だに撮れずにおります。

しかし、夜になりますと、ライトアップがされまして、
美しい光に建物全体が包まれますので、
夜間の撮影の方が断然有利となる訳でありまして…

やはり、出番は広角のレンズでありましょう。最低でも24mm。
欲を云って、21mm や 15mm ともなれば、かなりダイナミックな構図の中に、
倉庫全体の姿を納める事が可能ではなかろうかと…
とにもかくにも、ここでは、そんな大きな構図の写真を撮りたくなりますよね。。。

あとは、もう完全に倉庫の部分撮り。
レンガのオレンジ色と窓枠等々が織りなす影の競演等々、
更には、支柱やとびら、てすり等々、古の構造物がここにはたくさんありますので、
思い切り近寄って、夜ならでは表情を切り取る事も実に素敵ですよね。

画像1: 横浜夜景撮影の、まさに定番中の定番

画像2: 横浜夜景撮影の、まさに定番中の定番

画像3: 横浜夜景撮影の、まさに定番中の定番

This article is a sponsored article by
''.